エイズ・HIV感染症の予防啓発活動

レッドリボンプロジェクト

エイズ予防財団のデータベースによれば、当法人は2012年現在、静岡県内で唯一の、エイズに関する啓発活動を実践するNPO法人です。
AIDS(後天性免疫不全症候群)・HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染症に対する正しい知識を普及させることで、知識不足から起こるエイズ当事者への差別偏見を防ぐため、10年以上にも及ぶ活動を行ってきました。

特に、毎年11月に、オートレース選手会浜松支部とエイズ予防財団との協働で開催する『レッドリボンカップ』は、浜松オートレース場における恒例レースとなり、その啓発効果は関係機関より高く評価されています。

期間中設営しているキャンペーンブースでは、ボランティア看護師による無料の血圧測定や健康相談、エイズに関する意識調査アンケート、 当法人オリジナルのレッドリボングッズの販売を行っています。
これらのグッズの収益や頂いた募金は、公益財団法人エイズ予防財団へ寄付されます。

また、他団体とも積極的に連携し、浜松市内に留まらず東海エリア一帯に活動範囲を広げ、
エイズの正しい知識をより多くの人々に知って頂き、差別偏見をなくすための活動に協力しています。

■ レッドリボンカップ(浜松オートレース場)

写真
第1回レッドリボンカップのチャンピオン・伊藤信夫選手と神取忍理事
写真
レッドリボン仕様のレーシングウェア(勝負服)を着た選手たち
写真

■ 地方NPO・NGO団体との連携

福岡支部「LOVE ACT FUKUOKA」コラボポスター (クリックで特設サイトへ飛びます)

HIVポスター